本文へスキップ

TEL. 043-305-5563

〒260-0856 千葉市中央区亥鼻1丁目8-15 408号

製品一覧PRODUCTS

製品のデモとユーザ供試

波長可変レーザ λーMaster 1040 デモとユーザー供試を行っています。
ご希望の方はご連絡下さい。(供試期間 1ヶ月)

台数に限りがありますので出払った場合はご容赦下さい。

先進の1μm帯波長可変半導体レーザ


・ 高スペクトル純度 (ASE-Free): <-75dB@0.01nm
・ 高出力 : >100mW (Fiber Output:>50mW)
・ 広帯域同調 : >100nm  (980~1080nm)
・ Mode Hop Free 連続同調 : >50nm
・ 狭発振線幅 :  〜100kHz
・ 高分解能デジタル制御 :  0.05pm (15MHz)/step
・ PC制御 :  LabVIEW

λ-Master 1040 カタログ

応用例@:UTC-PDを用いたTHz波の発生

広帯域半導体光増幅器 λ- Amp 1040

広帯域半導体光増幅器 λ-Amp 1040 を製品化しました。

λ-Master 1040 とファイバー結合することにより、λ-Master の出力を1Wまで増幅します。

λ-Amp 1040 カタログ

ナノ秒半導体光増幅器 λ-Impulse 1040


パルス幅 1nsec、最大繰り返し周波数 125 MHz の ナノ秒半導体光アンプを製品化しました。λ-Masterの出力波長域全域でパルス増幅が可能であり、ナノ秒波長可変レーザ光源としてお使い頂けます。尖頭出力は最大1Wであり、外部トリガ/内部トリガによりジッターフリーでオンデマンドなナノ秒パルスを得ることが可能です。また、Ybファイバアンプとの併用で kW クラスの尖頭出力を得ることが可能です。

λ-Impulse 1040 カタログ

波長可変レーザ λ-Lock 1040


小型・簡便な ASE-Free 波長可変レーザです。後部のマイクロメータヘッドにより発振波長を変化させることができます。またピエゾ機構により、およそ150GHzのMHF波長掃引が可能です。

λ-Lock 1040 カタログ

高調波変換 可視波長可変レーザ λ-Master Visible


λ-Maser -> λ-Amp からの出力を高調波変換することで、可視域での波長可変レーザ光源を実現しました。位相整合条件の異なる24本の変換素子が1デバイス化されており、素子選択、温度可変により可視域でおよそ100nmの波長可変が可能です。
上記グラフは基本波の波長と素子の温度を連続同期掃引して得た、沃素封入セルの透過率測定値です。

λ-Master Visible カタログ


バナースペース

スペクトラ・クエスト・ラボ 株式会社

〒260-0856
千葉市中央区亥鼻1丁目8-15
千葉大亥鼻イノベーションプラザ408号
→アクセス

TEL 043-305-5563
FAX 043-305-5563